スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「僕が汚くなればなる程」(ティルト)

2007年08月31日
私が今、iPodで一番聞いている曲は、平井堅の「哀歌(エレジー)」で、
飛びぬけて1位です。再生回数が、400回を超えてます。
もちろん、流しただけで、聞いてない分もカウントされますが。
2位~4位が200回台なので、明らかに飛びぬけています。
ちなみに3位は宇多田ヒカルの「Can You Keep A Secret?」。
(↑コレが一番だと思ってた。)
2位は、とても知名度の低い久石譲のBGM、
4位が中村中の「友達の詩」、
5位が「ミルキーウェイ」の「セレツネワ」です。
 
この曲がなぜ1位か。
 
「その手で その手で 私を 汚して 何度も 何度も 私を壊して
 汗ばむ淋しさを 重ね合わせ 眩しくて見えない 闇に落ちてく
 いつか滅び逝く このカラダならば 蝕まれたい あなたの愛で」
  (平井堅:「哀歌(エレジー)」より)

 
そうなんです。私の中のティルトの曲なんです。
もう好きで好きで好きで。
 
 
ここまでが平井堅の曲の話。
以下は清水玲子著の『月の子』の話です。
 
 
『月の子』コミックス8巻の、ティルトの台詞。
 
「僕が汚くなればなる程、セツは美しく汚れなくなる気がした。
 何の苦労も汚れも知らないからこその美しさ、はかないやさしさ。
 それはぼくの一番欲しかったものだ。」
「僕はセツを愛していた。でも同じくらい憎んでもいた。
 その何も知らない何もしない、汚れのないやさしさを、美しさを」
「セツ。ぼくのかわりにきみは卵を生まなくてはいけない。
 きみは僕なのだから。きみは今まで僕の肉を食べてきたのだから」
 
『月の子―MOON CHILD―』清水玲子/白泉社
白泉社文庫5巻/花とゆめコミックス8巻

 
この台詞で、私は『月の子』に堕ちた。
私は、ほぼ『月の子』で一番最初にこの言葉に出会い、
十数年たった今でも、不動の地位で好きなのは、
この台詞の魔力に取り付かれたのも、大きな理由。
 
どんなに『月の子』に影響された新手の作家さんが、似たような設定を使おうと、
絶対に、私は『月の子』です。
『月の子』が好きでたまらない。
 
 
清水先生の独特さは、誰にもかえられない。
『秘密』もすごく好きで好きで。
でも、私は最新作を読む楽しみを人から奪いたくないから、
『秘密』はどんなに書きたくても、自分を抑えてる。
多分『輝夜姫』も。
 
でも、『月の子』は。
十数年も前の作品。もう、書いてもいい時期だと思う。
私が書くことで、誰も損はしない。名作に出会うことはあっても。
 
これからこのブログで計画していることは、ものすごくネタバレになると思う。
でも、誰もそれで損はしない。むしろ、こんないい作品にであうきっかけであったり、
過去、あるいは今好きな方に、楽しんでいただける、筈。
 
もう手加減はせずに、『月の子』を語り倒そうと思う。
 
それで、誰かに『月の子』や、『秘密』や、全ての清水作品のどれかに、
興味を持っていただけたら、私はとても幸せです。


白泉社文庫『月の子―MOON CHILD―』 第5巻/清水玲子・・・の本の紹介。
花とゆめコミックス『月の子―MOON CHILD―』 第8巻/清水玲子・・・の本の紹介。
 
関連記事
『月の子─MOON CHILD─』 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。