FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「でもきみは水のある所からなら、どこにでも行けるし」(セツ)

2007年06月23日
「・・・・・・まさか海に潜ってるんじゃないだろうな?」(セツ)
「違うよ」(ティルト)
「でもきみは水のある所からなら、どこにでも行けるし」(セツ)
「違うよ、セツ。オレは何も危険なことはしていない。
 おまえは何も心配しないで、病気をなおせばいいいんだ。
 そうだろ?」(ティルト) 
 
『月の子―MOON CHILD―』 清水玲子/白泉社
『月の子―MOON CHILD―』 白泉社文庫2巻/花とゆめコミックス3巻
 
 
 
   (以下はネタばれ可という方のみお進みください。)
 
えんえんと『月の子』文庫2巻を
(私には「花とゆめコミックス」暗記のため、コミックス3巻のイメージ。
 でも今手元にあるのは文庫。)
を、語っておりますが。
すごく好きなんですよ~。
(まだまだ文庫2巻はつづく)
 
 
公園の噴水から、海の底へ潜るティルト。
すごくステキ。
『月の子』 は、重要なシーンに、雨の中とか、雪降る中とか、シャワーとか、
水に関するシーンが多い。
 
『月の子』 別名 『水の子』(人魚だから)。
 
宇宙空間の回遊魚とか、すごくステキ。
 
いいなあ、水のある所からならどこへでもワープ。
 
しかも、家の浴室(あるのかな?)はセツのために使わず、
汚そう(?)な公園の泉からワープ。
 
こういうシーン、もっと見たかった。
『月の子』は20巻くらいかけて、ゆっくり描いて欲しかったですね。
 
 
ネタばれを避けてぼかすけど、
セツも最終巻でこの「水のあるところ」からのワープで、
某所に行ったのではないかと、勝手に思っています(^^)
  
 
白泉社文庫『月の子―MOON CHILD―』 第2巻/清水玲子・・・の本の紹介。
花とゆめコミックス『月の子―MOON CHILD―』 第3巻/清水玲子・・・の本の紹介。

関連記事
『月の子─MOON CHILD─』 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。