FC2ブログ

「君は誰?」『画集輝夜姫』

2007年06月18日
ずっと、考えていたことがある。
「今の清水先生の画力では、セツはどれだけ美しいことか?」と。
 
『画集輝夜姫』の最後のページに、少年の絵がある。
 
それが初出で掲載されていた『メロディ』は買っていなかったので(知らなくて)、
『画集輝夜姫』ではじめてみました。
1999年12月号。『秘密1999』掲載の約1年後。
 
『秘密1999』も、ロス君がティルト似で、超幸せでしたが。
 
この、巻末の少年は誰だろう。
セツに、ティルトに、ロス君に、よく似ている。
 
でも、誰とも書かれていない。
 
少年と、それを抱く青年か少年。彼は腕しか描かれていない。
幸せそうな少年。
 
ファンサービスか?
 
私は、セツとショナにも見えるが、
強引にセツとティルトと思い込む(ようにしている)。
 
キレイな少年。いとおしそうで、幸せそうで、大切にされていて。

こういう、暗示が、清水先生、憎いくらい、うまい。
はまっちゃうのよ。
 
もう、この絵、すっごく好き。
 
 
『画集輝夜姫』/清水玲子/白泉社
関連記事
【イラスト】について | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示