スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「閉ざされた星。そして16歳の星の女王様。ローザ。この星は変なんだ」(マーティ)

2007年06月12日
「人っ子1人いないディズニーランドの街並み。
 TV電話もファックスもない無人郵送便だけが定期的にくるだけの
 閉ざされた星。
 そして16歳の億万長者の星の女王様。
 ローザ。ローザ。この星は変なんだ」
 
(ヒュ-・マーティ)『夢のつづき』 清水玲子/白泉社
白泉社文庫 『22XX』 もしくは 花とゆめコミックス 『夢のつづき』 に収録。

 
 
アイリと高見しか住まない星。
後は全部コンピューター任せ。

不思議な星。アイリはお付(使用人)の高見以外とは誰とも接触せず、
全部高見が守ってきた。
 
思いどうりにはならないマーティにアイリはいらづく。
今まで自分の願いは何でも叶っていたから。
どんなプレゼントでもマーティにしようとするアイリ。
 
でも、マーティには自分の生活や待っている人がいて。
けれどマーティが帰ろうにも、
エアポートにはバリアがはってあって。
 
それを当たり前だと思っているアイリ。
お金で何でも解決できると思い込んでいるアイリ。
 
 
「あら同じよ。マーティだって苦労してその声と顔を手に入れたわけじゃないでしょ?
 あたしも同じなの。金持ちの家に生まれたことが、私の唯一の才能なの」(アイリ)

『夢のつづき』 清水玲子/白泉社

 

私は『夢のつづき』で一番好きなのはアイリですね。
無垢でかわいくて。
高慢な女じゃなく。計算ずくでもなく。
アイリだから許せるのかも。ホント悪気ゼロだからすごい。
  
 
『夢のつづき』を収録したコミックスは・・・・
    白泉社文庫 『22XX』 全1巻/清水玲子・・・の本の紹介。
    花とゆめコミックス 『夢のつづき』 全1巻/清水玲子・・・の本の紹介。
 
関連記事
清水玲子『短編』 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。