スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「帰るべき国も土地も。人も」(ナザレ)

2007年06月10日
「もう何もない。帰るべき国も土地も。人も」
 
(ナザレ)『パピヨン』清水玲子/白泉社
『パピヨン』白泉社文庫・全1巻/花とゆめコミックス・全1巻

 
 
こういう清水先生の詩的な言葉大好き。
人食いプラナリアの餌食にされそうになったナザレ。
 
言葉とこのシーンの絵がいいんだ、これが。
 
センスがいい。
 
まあいい年の女が、「センス」なんて言っていいかは別だが。
 
静寂と切なさと残酷さと。
そして、やさしさ、守り手。
 
あまり知られていないほうの作品だと思うが、
アートやショナに似た人物が出てくるし、
ナザレはセツかジミーに似てるし、
ぜひぜひ。文庫も出てますんで。
 
 
すっごく清水玲子先生独特の世界観の話です。
『月の子』や『輝夜姫』好きにはおすすめ。
というか、『月の子』や『パピヨン』があったから、
『輝夜姫』がうまれたのかも知れないし。
(どの辺かはお楽しみ★)
 
『月の子』連載終了直後に発表された作品です。
まだストーリー後半については、あまり触れてませんね。
 
 
(文庫の)「同時収録」が、超名作『MAGIC』だし、
『サイレント』には碧の原型の「松沢碧」というキャラもでてくるし、
読んで欲しい1冊です。
 
 
 
『パピヨン』白泉社文庫・全1巻/清水玲子・・・の本の紹介。
『パピヨン』花とゆめコミックス・全1巻/清水玲子・・・の本の紹介。
関連記事
『パピヨン』 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。