スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

明け方みる夢

2008年03月25日
私は、『月の子』の夢や、『22XX』の続編や、
『JACK&ELENA』もどきの夢を、本当に良く見る。


今朝見た夢も、セツの夢だった。

『月の子』というより、セツとティルトのキャラクターもの?
どうやら、それは、雑誌(『LaLa』か『メロディ』?)に、
掲載されているものを読んでいる?

ティルトとセツのキャラクターものの夢はほんとうにしょっちゅう見る。


『22XX』の続編が、連載されている夢もよく見る。
ジャックもどきが活躍する夢。
SFですね。

それらが、『秘密』と同じ雑誌に、同時に掲載される、
という夢も多い。


いつも、夢の中では、雑誌を読んでいる、というだけで、
『LaLa』も『メロディ』も混沌としている。
むしろ、『メロディ』で読んでいると、錯覚している。

清水玲子先生にお会いする夢もよく見る。
実際にお目にかかったことがないからこそ、
よけい欲求が深く。(申し訳ありません。)


人の夢は、よりその人の求める夢を見るという。

多分、破綻はしているのだろうが、
夢を録画することが出来たら、
と幾度思ったかは果てしない。


夢を、いつでも、覚醒時にもみたい。
それは、現実で私がよく思う夢なのだ。

砂のように落ちていく、夢の記憶。
ただ、幸せな夢だったと、深く思いを刻んで。
スポンサーサイト
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

○正)『22XX』 ×誤)『20XX』

2008年03月19日
よく思うこと。

『20XX』清水玲子

って書く人多いけど、そんな作品存在しません。

正しくは『22XX』です。


舞台の時代が2200年代だったから、その西暦から、
つけられたタイトルといわれています。


「『20XX』だと現代になっちゃう。」


まあ、『秘密』が
『2001』 『2002』 『2003』 『2005』 『2007』 『2008』・・・・
なので、よけい、昔読んだ人も、今読む人も、
勘違いしやすいんでしょうが。



花とゆめコミックス 『22XX』 全1巻/白泉社/清水玲子
白泉社文庫 『22XX』 全1巻/白泉社/清水玲子
『22XX』 | Comments(0) | Trackback(0)

まゆと春蘭

2008年03月18日
まゆと春蘭を見ているのが好きだった。
この2人がつるんだら、晶談義に花咲かせたり、
多分、宝塚や中国のそんな系の話とか。
いろいろネタは尽きまい。


まゆをひたすら心配する春蘭を見てて。
きっと春蘭もまゆの変化を喜んでくれたにちがいない。
(あれ?つーか、一番思ってたかもよ?
 本編でははしょられてるけど。)
無二の親友になったにちがいない。



花とゆめコミックス 『輝夜姫』 全27巻/白泉社/清水玲子
白泉社文庫 『輝夜姫』 全14巻完結予定/白泉社/清水玲子
『輝夜姫』 | Comments(0) | Trackback(0)

碧とまゆ 『輝夜姫』

2008年03月17日
ずうっと、碧×由×晶×まゆを見てきてて、
いっそ「碧とまゆがくっつけばいいじゃん。
ちびどうしだし」と思っていました。

その碧とまゆが、あ~~いう関係になって、
こ~~いう関係になって。

いっそくっつけばよかったのに・・・・・・って、
いまだに思いますね。


(あー私、伏字、ぼかしまくり、意味不明なトコも
多々あると思ってますが、
あえてわかっててそうしてる事も多いですね。
ネタばれを控えるため。読んだ人には
わかってもらえるかもしれないという、淡い期待を抱いて。)



花とゆめコミックス 『輝夜姫』 全27巻/白泉社/清水玲子
白泉社文庫 『輝夜姫』 全14巻完結予定/白泉社/清水玲子
『輝夜姫』 | Comments(0) | Trackback(0)

2億分の一の確率 (『月の子』)

2008年03月08日
一卵性の三つ子。
たとえ2億分の一でも、ゼロじゃないんですね。
現実でもありえるんですね。
2億分の一。それでも、稀有でも、
現実にありえたのがうれしい。

3/6(木)の、
夜のニュース番組で飛び込んできた、
一卵性の三つ子誕生のニュース。


私が覚えているのは、

「一卵生の三つ子が生まれる確率は2億分の一」
「海外らしい」「体外受精」「子宮に戻された受精卵はひとつ」

ですね。


今朝、ネット検索して、記事もみつけた。
【 確率2億分の1、一卵性の三つ子誕生 米国 】 (CNN.co.jp)

↑こちらに詳細が載ってます。

「多胎出産の専門家であるビクター・クライン医師によると、
子宮に戻した受精卵がまず2つに分かれ、
そのうちの片方がさらに分裂したという。
一卵性三つ子の確率は文献によって異なるが、
6万分の1から2億分の1だという。 」(上記リンクより引用)




『月の子』の三つ子。現実でもありえるのですね。
十数年知りたくて、やっと出会えたニュースでした。
『月の子─MOON CHILD─』 | Comments(0) | Trackback(0)

兄?弟?(桂と楓(2) 『輝夜姫』)

2008年03月07日
このBlogでの拍手の合計が60になりました。
いつもありがとうございます。
どなたなんだろう。すごく励みになります。
-----------------------------------------------------------


桂と楓が、どっちが兄でどっちが弟とかって、
書いてるサイトさんを時々見かけるけど、
それってその人の創作だと思うんだよなー。
あるいは創作の引用か。

『輝夜姫』全巻をいっくらみても、「兄」「弟」というのは、
出てこない。
そもそも桂と楓が同腹かどうかすらわかんないです。
(つーか、双子の兄弟姉妹順って
 時代・地域により考え方はさまざま。)

「キム・ソギョン」 の、ドナーが桂と楓。
(「キム・ソギョン」とカタカナで書くのは、
 「ソ」の字だか「ギョン」の字だかが、
 機種依存文字なので私はネット上でカタカナに書いてたの。
 元Macユーザーだったのでね。
 Macで漢字で打ったら、ウィンドウズで読めないと推測できた。
 『輝夜姫』ドラマCDでも、カタカナになってましたね。)



想像するに、本体18歳の、ソギョン=「2分の一」
桂・楓=「4分の一×2人」だと思うのですが。
(一つの受精卵を分割したのではないかと。)
でも、明確に書かれてはいない。


晶&玉鈴(本体18歳)については、「卵細胞分割型」と、
ほぼ明確に書かれています。

「卵から造ります。受精卵です」
「杏后様は高齢のため、体外受精であなたをお産みになりました」
「この母親の体に戻す前の受精卵に、
 ほんの少し手を加えさえすれば、誰でも簡単に
 子供のスペアが造れるんです。
 ちょうど一卵性双生児を人為的に造って、
 そのうち一人だけを先に産んだと思ってもらったらいいでしょう」

(王偉)『輝夜姫』花とゆめコミックス5巻/白泉社文庫3巻



サットンとかは、体細胞クローンかなんかで、
卵細胞タイプじゃないんだろうなぁ。

でもこれも、明確に書いてないです。
空想どまりですね。確信まではいかないですね。



-----------------------------------------------------------
「機種依存文字」
ウィンドウズとマッキントッシュ、リナックスなど、異なるOSでは、
正しく表示できない文字。
主に、
「①②③、ⅠⅡⅢ」など。
(これも、ウィンドウズでは正常に見えても、マックとかでは、
 (月)(火)・・・・・・などに見える。あえて書きました。
-----------------------------------------------------------




花とゆめコミックス 『輝夜姫』 全27巻/白泉社/清水玲子
白泉社文庫 『輝夜姫』 全14巻完結予定/白泉社/清水玲子
『輝夜姫』 | Comments(0) | Trackback(0)

桂と楓(1) (『輝夜姫』より)

2008年03月04日
昨日書いたBlogにもう拍手が!!
この30日の間に、8つもの拍手が!!
多謝。うれしすぎます。お待たせしてごめんなさい。
こっちも書かないとね。下書きのストックはあるので、マイペースで。
_____________________________



どこから『輝夜姫』を書こう。
半年以上考えて、やっぱり、桂のエピソードしか
思い浮かばないですね。

なんか、桂と楓は、いっしょになる(移植されて1人の体
になる)ことさえ出来ないのが悲しかった。

自分が一番愛した兄弟を、脳を取り出されて、
肉体のキープのみのために、半死にさせられた。
今の自分の手も足も顔も、その兄弟を殺した元凶のもの。

一番憎い存在が自分を存在させている。

どんな目にあっても、2人だから生きてこれた。
でも、自分は死に、甦り、自分でその愛する兄弟の
生命維持装置を止めた。
楓が桂を忘れた瞬間なんて、一瞬もないのだと思う。
(本編でははしょられているが。)
桂に甘えきっていた楓は、世の中への復讐しか考えられなくなった。
そしてそれを支えた守。



病院から逃走する楓は、めっちゃ美少年で。かわいくて。
誰よこれ?って思った。
「JACK&ELENA」を知っていた人は、「誰?エレナ?」と
思ったことでしょう。

心を奪われまくったこのシーン。
マンガは絵が命!ですね。



花とゆめコミックス 『輝夜姫』 全27巻/白泉社/清水玲子
白泉社文庫 『輝夜姫』 全14巻完結予定/白泉社/清水玲子
『輝夜姫』 | Comments(0) | Trackback(0)

『輝夜姫』を語ろう。

2008年03月03日
こちらのBlogの更新が1ヶ月止まっていました。
やっと再開できます。
サイトをお休みしている間に、だいぶ『輝夜姫』の文の下書きを書きました。


実は、このBlogをはじめた頃に、ちょうど『輝夜姫』の文庫化が始まって。
私は「中国編」「ドナー編」以降で『輝夜姫』にはまったのですよ。

そんなこんなで、このBlogで、
文庫発売前のエピソードを書くのを、ためらってしまった。
そのうちタイミングをなくしてしまった。
でも文庫版『輝夜姫』も、かなり巻がすすんできたので、
そろそろ書こっかなーと思います。


実は私は、『輝夜姫』に、最初はそれほどにはまっていなくて。
「『月の子』のようなのがまた読みたい」って気がずっと残ってて。
でも短編『MAGIC』で、『月の子』と『輝夜姫』の線が融合して(そう感じて)、
それ以降、安心して、『輝夜姫』に魅惑されました。
(そういう意味でも、『MAGIC』は私には大きい存在で、大好きです。)

(花とゆめコミックス9巻or白泉社文庫5巻の)晶の即位式前後ですね。

実際、即位式以降の、『輝夜姫』の線の美しさといったら!!
めちゃくちゃはまって、まゆのコネコちゃんエピソードとか、
すっごいかわいくて。
もともとまゆが好きだったから、
女官試験や女官になって晶を追うところ、好きだったなー。

したら守と楓がイケメンと美少年になるじゃないですか!
「中国編」「ドナー編」から、もうめちゃくちゃ毎回楽しみで。
全話「LaLa」で読んだよ。欠かすこともなく。13年間。


このBlogは、ストーリー順を考えず、ひいきもありで、
書きたいことを書きますね。
あと、ちょっと表現方法がかわるかも。まあ自由にってことで、ヨロシク!



花とゆめコミックス 『輝夜姫』 全27巻/白泉社/清水玲子
白泉社文庫 『輝夜姫』 全14巻完結予定/白泉社/清水玲子

『MAGIC』収録の単行本は
   ・・・・・・花とゆめコミックス 『MAGIC』 全1巻/白泉社/清水玲子
   ・・・・・・白泉社文庫 『パピヨン』 全1巻/白泉社/清水玲子
『輝夜姫』 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。