スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「多分それが子孫を作らない ロボットの役割。」(エレナ)

2007年12月31日
今年は、せっかく開いたこのBlogの、更新がやや滞り、申し訳ありません。
私にとってこのブログは、【月夜水の詩】サイトの、ワンコーナーです。
でも新しい道が開けた気がする。
来年はもっと気楽に、気まぐれ更新したいです。
訪れてくださった方、拍手を下さった方には、
感謝しています。
2007年はありがとうございました。
2008年もよろしくお願いいたします。
 
___________________________________________


「助けるよ。必ず助ける。オレがこわれても 
それがルイスの赤ん坊なら ルイスだと思って助ける。」
「多分それが子孫を作らない ロボットの役割。」

(エレナ・クリモヴァ)『天使たちの進化論』清水玲子・著/白泉社
白泉社文庫・花とゆめコミックスとも『天使たちの進化論』収録



清水玲子先生は、『月の子』『22XX』『天使たちの進化論』など、
さまざまな作品で、
ずっと「子供を生みたい」と願うキャラたちを描いてきました。
それはとても神聖なことだと。命を継がせたいと。
 
きっと清水先生は本当はとてもお子さんが欲しいのではないかと
ずっとずっと思ってた。
 
それから十数年後。清水先生はお子さんをご出産し、
子連れマンガ家として、今子育てとマンガ家を両立なさってる。
きっとお子さんをとても大切に愛してらっしゃる。
それはとても素敵なことだと思います。

清水先生がマンガ家をやめないでよかった。
新章『秘密2008』連載、アニメ化と、大変な年になりそうですが、
清水先生のペースを守って活動なさることを、祈ってます。


『天使たちの進化論』収録コミックス 
  白泉社文庫『天使たちの進化論』/清水玲子・・・の本の紹介。
  花とゆめコミックス『天使たちの進化論』/清水玲子・・・の本の紹介。
スポンサーサイト
『ジャック&エレナシリーズ』 | Comments(0) | Trackback(0)

方針転換。

2007年12月18日
私は、いつか、このブログの動機とか、目標や目的を、
忘れていた。見失っていた。

ある方の、名セリフ日記が、すごくよくて。
ああいうの出来ないかなーと。
セリフをもとに日記を書く。それがすごく、面白くて。

ストーリー順でなくていいじゃん。
完成されていなくても、いいじゃん。

いつか、自分で自分を縛っていたね。

今まで書いた文章に後悔は出来ない。
というか、好きだったし。

でも、本来の目的とずれていたね。
『月の子』の文に、自分なりの完成度を求めていた。

『輝夜姫』だって、ストーリー順でなくたっていいじゃん。
好きなシーンをランダムでいいじゃん。

これからを白紙に戻そう。
どの作品でも、どんな順でも。
自由になろう。

ブログだからできること。
日記でも、ランダムでもいい。
サイトのように計画も要らない。完成されてなくていい。
そこがよかったから、はじめた筈。

白紙からはじめよう。真っ白な画面に文字を記そう。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

万華鏡の世界  『月の子』

2007年12月07日
こちらでもおひさしぶりです。
しばらく更新が滞り、申し訳ありません。
最近忙しいので、あまりひんぱんな更新は出来ないかもしれませんが。
沢山の拍手ありがとうございます。


おやすみしていた11月19日(月)に、6000hitを超えました。
また今日、6500hitになりました。重ねてありがとうございます。


FC2の仕様で、消したページとまた同じページアドレスになると思うので、
それの拍手も引き継ぐと思われるので、
消す前のページに拍手を下さった方は、
今回拍手を投票できないかもしれません。申し訳ありません。

=============================================



『そして、セツの運命を握っているのがティルトなのか。
それとも、ティルトはセツの運命に踊らされていただけなのか。
すべては未だ謎です。
その余韻が、月の子を、解釈によって、万華鏡のように姿を変える、
美しい幻想としているのではないのでしょうか。 数々の童話のように。』



2001年に私が書いたこの言葉。
これが、私の大きな『月の子』世界観です。


私は『月の子』のさまざまなシーンについて、複数の解釈を持っていて、
未だ答を持たない。

その解釈の一部を、切り取っても、それは私の『月の子』の全てではない。

だから書くのは難しい。

もっと早く、この前提を、このブログに書いたらよかった。


   (以下、多大なネタばれを含みます。)



Read more "万華鏡の世界  『月の子』"
『月の子─MOON CHILD─』 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。