スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『MAGIC』の一番の魔法

2007年07月30日
7月28日夜に「「ぼくは1か月「かくり」された」(ティルト)」に1票、
29日に「『輝夜姫』について」に1票、
「もしかしたら、オールスター?(白泉社文庫『輝夜姫』表紙)」に追加1票、
拍手をいただきました。ありがとうございます。


では本題。

『MAGIC』の一番の魔法は、
清水先生ご自身にかけられた、驚異的な美しい画力ではないだろうか。
 
『月の子』が好きで好きで好きで。そんな私には、
新しく清水先生が開拓しようとしていた、『輝夜姫』の画風に、
さみしさを感じていたのだ。
もうあの絵は見れないのだろうか。『月の子』のあの繊細な線は。
かなり悲しくもありました。
 

でも、1996年秋に『ララ』で発表された『MAGIC』を読んで。

『MAGIC』は・・・・・・
   花とゆめコミックス 『MAGIC』 白泉社/清水玲子
   もしくは白泉社文庫 『パピヨン』 白泉社/清水玲子に収録


『MAGIC』で、見事に、『輝夜姫』のリアルな絵と、『月の子』の繊細な絵が、
融合したのだ。
うつくしいうつくしい、「KANA」。綺麗な綺麗な絵。
 
すごく感動し、安心した。
清水先生が描こうと思えば、描けるのだと。
眠っていただけで、進化していたのだと。

『MAGIC』は、知名度は不当に低いと思われるけど、
立派に清水先生の短編の中では、代表作のひとつだ。
好きで好きでたまらない、作品。
 
そして。『MAGIC』発表以降の『輝夜姫』も、
その融合を良い意味で引き継いで、驚異的な滑らかな線になる。
それが、『輝夜姫』コミックス9巻、文庫ではおそらく5巻にあたるだろう。
それが、聡の「点呼時以外の足音がひびく。この足音が~」
以降の玉鈴(晶)の即位式のシーンだ。
 
私の思い違いではないと思う。このことを誰かと論じたことはないのだが。


「輝夜姫初期」と「玉鈴の即位式以降」。ずいぶん絵が違うと思う。

きっと清水先生自身に、魔法がかけられたのではないか。
何かを越えたのではないか。
私はそんな気がする。
新しい、魔力を持つほどの、画力を得たのではないかと。


『MAGIC』は・・・・・・
   花とゆめコミックス 『MAGIC』 白泉社/清水玲子
   もしくは白泉社文庫 『パピヨン』 白泉社/清水玲子に収録

花とゆめコミックス 『輝夜姫』 9巻/白泉社/清水玲子
白泉社文庫 『輝夜姫』 5巻/白泉社/清水玲子(2007年9月発売予定と思われる)
スポンサーサイト
『MAGIC』 | Comments(0) | Trackback(0)

『輝夜姫』について

2007年07月28日
今朝か今朝未明、
「もしかしたら、オールスター?(白泉社文庫『輝夜姫』表紙)」
にまた1票入りました。
私のほうでは、「昨日何票」「今日何票」「今週何票」ということしか、
わからないんですよね。
 
見守って下さる方がおいでるのは、うれしいです。

 
 
昨日、異様にアクセスが多かったのは、
『輝夜姫』について書いていたからかもしれない。
 
 
『輝夜姫』の文庫化中ということで、
「『輝夜姫』について」書いてみようと思います。

 
 
清水先生は、人の弱さ、もろさ、その中でそれでもあがく人を描くのが好きな方で、
     6月13日のブログ「「罪」『月の子』&『秘密』より」
     も、参照してください。


『輝夜姫』はそれぞれのキャラの成長物語なんですね。
縦軸のストーリーは多少ぶれてますが、
横軸の人間の描き方がすっごく魅力的です。
 
 
普通の少女マンガって、あまりにも自己弁護の作品が多いような気がします。
キャラはだから正しい。好ましい。だからわかってね、理解しあってね。
という作品があまりにも多い中。
『輝夜姫』はそういう枠にははいらない。
そういう甘々なストーリーではないんです。 
 
 
ストーリーも「かぐや姫伝説」「地球と月の関係」
「臓器移植とドナー」「クローン」と、
近未来SFです。
 
白泉社文庫4巻までは「神淵島」を舞台に展開されていますが、
5巻以降は、舞台は中国に、ロシアに、米国に、世界に、
うつっていきます。
 
そして、「それぞれのキャラ」の「それぞれのストーリー」が
不思議な旋律を奏でます。
キャラによって別の視点で見ることも多いので、
答は1つではないんだって気がしてくる。
 
 
「憎しみにかられて鬼になってはダメ」「信じて愛して許すこと」
 
 
時に人の弱さ、醜さ、おろかさも描きますが、
なおもって、人はいとしい存在に思えてくる。
 
 
清水先生は『輝夜姫』でいち早く、
「クローン」「臓器提供」をテーマにして描いていますが、
「臓器提供」については否定はしていません。
それによって助かる命、助かる存在がある、と。
それもきっちり描いている。
 
だからこそ、キャラごとの人生が、不思議な旋律を奏でるのです。
ドナーは7人必要だったのです。
 
 
長いけど、いろいろ考えさせられる、物語です。
人は強くて弱いのか。弱くて強いのか。
 
私はまゆが好きです。彼女の成長が、とても好きなんです。


白泉社文庫『輝夜姫』白泉社/清水玲子  (全14巻予定)
花とゆめコミックス『輝夜姫』白泉社/清水玲子  (全27巻)

『輝夜姫』 | Comments(0) | Trackback(0)

もしかしたら、オールスター?(白泉社文庫『輝夜姫』表紙)

2007年07月27日
7月26日。また拍手をいただきました。
「「そめいよしの」と「水面の楓」」に1票。うれしいです。
また、カウンターが昨日26日、2500hitを超えました。
ありがとうございます。


 
ちょっと今回はリアルタイムの感想を書きます。

白泉社文庫の『輝夜姫』表紙、現在4巻まで発表されていますが、
 
文庫『輝夜姫』1巻  表紙「晶」
文庫『輝夜姫』2巻  表紙「由×碧」
文庫『輝夜姫』3巻  表紙「玉鈴×高力士」
文庫『輝夜姫』4巻  表紙「ミラーさん」
 

とくれば、期待しちゃうんです。
 
 
もしかしたら、オールスター?

 
もしそうなら、
「まゆ」「楓」「守」「サットン」「聡」の、表紙があれないいな。
 
でも、まゆ・守・サットンは大丈夫だろうけど、
楓は特にカラーでは数人の中の一人、というのばかりで、
文庫の表紙になるんだろうか。


忘れもしない、コミックス『輝夜姫』12巻表紙
楓は元のイラストでは右端、守のとなりにいたのに、
切られたのだ。
高力士さえ、表紙になったのに。楓がなければ、ぐれるぞ、私。
 
ああ、何で私は、『輝夜姫』掲載の『ララ』を持ってるだけで、整理していないのか。
清水先生のトコだけ残して他は処分、それが遅々として進まない。
これでは、資料としての意味がない。
 
オールスターだといいなぁ。
あくまで希望でした。
 
 
以上すべて、
  花とゆめコミックス『輝夜姫』白泉社/清水玲子
  白泉社文庫『輝夜姫』白泉社/清水玲子
参考
  『画集WALTZ』白泉社/清水玲子
  『画集輝夜姫』白泉社/清水玲子

【イラスト】について | Comments(0) | Trackback(0)

「そめいよしの」と「水面の楓」

2007年07月26日
「そめいよしの」という絵をご存知だろうか?
1998年『メロディ』5月号に載っていた、『FLOWERS』に掲載された、
2色カラーの花をめぐる8Pのイラスト集のなかの一枚で、
『画集輝夜姫』
『WILD CATS完全版』全1巻/A5ジェッツコミックス
に収録されています。
 
何で晶と由が『メロディ』に、とは思いましたけど。
うつくしい、水面の桜。
タイトルは「そめいよしの」
すっごく綺麗でした。
 
 
その絵が、背景を楓に変えて、『ララ』2000年1月号の付録カレンダーに、
カラーで再録されました。
(こっちは有名でしょうね。『輝夜姫』コミックス15巻の表紙だから。)
 
金色で綺麗。淡い赤がなんともいえず。
 
 
多分、桜では、
花とゆめコミックス『月の子―MOON CHILD―』12巻、
白泉社文庫『月の子―MOON CHILD―』7巻の
「卯月」

(何でこの絵だけ「卯月」というタイトルかというと、
 この絵をもとにしたパズルにそういうタイトルがついていたから)
の名画があったからだろうか。
 
 
金色が、とても綺麗。
晶のブラウスのぬれた感じが好き。
 
この絵は、花とゆめコミックス『輝夜姫』15巻の、表紙になりました。
ぜひ『画集輝夜姫』で見て欲しい絵ですね。
なんて色を表現する方だろう。清水先生は。淡い、金。
2人の月たち(由×晶)に、ぴったり。
 
フルカラーのほうがずっと、綺麗。
『輝夜姫』の中でも、特に好きな一枚です。


『卯月』   (『月の子』)
  花とゆめコミックス版『月の子―MOON CHILD―』12巻/白泉社/清水玲子
  白泉社文庫版『月の子―MOON CHILD―』7巻/白泉社/清水玲子
  『画集WALTZ』/白泉社/清水玲子

『そめいよしの』   (『FLOWERS』)
  『WILD CATS完全版』全1巻/A5ジェッツコミックス/白泉社/清水玲子
  『画集輝夜姫』/白泉社/清水玲子  
『水面の楓』(仮題)   (『輝夜姫』)
  花とゆめコミックス版『輝夜姫』15巻/白泉社/清水玲子
  『画集輝夜姫』/白泉社/清水玲子

【イラスト】について | Comments(0) | Trackback(0)

「ぼくは1か月「かくり」された」(ティルト)

2007年07月21日
(拍手が)今日の日付だったので、今朝? また拍手をいただきました。
「セツとショナのイラスト(『月の子』第49話・扉)」
「ひまわりティルトに薔薇のベンジャミン」にひとつずつ。
ありがとうございます。
どっちもマニアックだとは思っていたので。
このブログをはじめて、よかったなぁと思います。

 
『輝夜姫』についてはもう少し様子を見ます。
文庫ではじめて『輝夜姫』を読むという方も、多いようなので。
 
  
では本題。(ひさびさに「名シーン・名セリフ」についてです。)
 
  
「ぼくは1か月「かくり」された。
 セツとベンジャミンはぼくに会わないように守られた」
 
(ティルト)『月の子―MOON CHILD―』 清水玲子/白泉社
『月の子―MOON CHILD―』 白泉社文庫2巻/花とゆめコミックス4巻
 
 
 
   (以下はネタばれ可という方のみお進みください。)
 
 
Read more "「ぼくは1か月「かくり」された」(ティルト)"
『月の子─MOON CHILD─』 | Comments(0) | Trackback(0)

ひまわりティルトに薔薇のベンジャミン

2007年07月18日
サイトのほうや日常生活で忙しく、こちらの更新が滞っていたようです。
『月の子・6巻』 『22XX』 『パピヨン』 『ミルキーウェイ』
『竜の眠る星 全2巻』 『天使たちの進化論』(全て白泉社文庫/清水玲子著)
の7冊ですが、7月11日に、【 s-book.com 】より、無事とどきました。
現在、『100万ポンドの愛』 『輝夜姫』をのぞく、
文庫化されたほとんどの巻が、2冊目の本(スペア)として手元にあります。
 
 
14日に、拍手をいただきました。ありがとうございます。
7月8日の【ティルトとセツのイラスト】の文にです。
前回の2拍手は、サイトの方針についてで、それもうれしかったけど、
今回のはそれとは意味合いが違う気がして。
イラスト語りでも喜んでくださる(しかも『月の子』に。)のだと。
 
実は、イラストについて語る、というのは、サイトの没案だったんです。
サイトではうまくいきそうになくて。
それをBlogのおまけにしよう、とやってみて、うまくいったみたいなので。


では、本題。 
 
『月の子』HC1巻表紙のベンジャミンは、たくさんの薔薇をかかえている。
『月の子』HC4表紙のティルトは、ひまわりをしょっている。
 
『月の子』に慣れるまではHC4巻表紙の少年は
ベンジャミンと思うかもしれない。
でもあの「目」はティルトだ。
ティルトの妖しい、意志の強い視線。
この絵も大大大好きです。
 
そして、『月の子』HC1巻表紙のベンジャミンの、
背景のセピアさの中に浮かぶ月。
コミックス表紙のほうは、背景が切られまくっていますが。
これも好きです。
 
でも、奇妙に感じる。
(花とゆめコミックスの)表紙だったから、よけいそう思ったけど。
 
薔薇はティルトが似合う。
幼魚のベンジャミンには、きっとひまわりが似合う。
 
イメージが、逆なんです。(私には。)
 
薔薇をいっぱいにだきしめたティルトのカラー(ギルでなく)
見てみたかった。さぞかし妖しかろう。
ひまわりを背景のカラーの幼魚のベンジャミン。どうなるかな?
無邪気にかわいかったかな?
見てみたかったですね。(顔が同じでも中身が違う。)
 
ずっと言ってみたかったひとことの一つです。
(私にはこういうのが山のようにある。うまく言えてないだけで。)
 
 
今、第1画集『ARIA』 を眺めている。
絶版されたようですね。
このままでは、『輝夜姫』文庫化中の今、いつ第2画集『WALTZ』が、
絶版されるか。
第2画集『WALTZ』なら、まだ 【 s-book.com 】にありますよ。
(白泉社公式サイトより、リンクあり。)
 
『ARIA』は清楚で好き。綺麗な綺麗な画集。
好きですね。たとえようもなく。
 
 
花とゆめコミックス『月の子―MOON CHILD―』 第1巻/清水玲子・・・の本の紹介。
花とゆめコミックス『月の子―MOON CHILD―』 第4巻/清水玲子・・・の本の紹介。
画集『ARIA』/白泉社/清水玲子・・・の本の紹介。
【イラスト】について | Comments(0) | Trackback(0)

セツとショナのイラスト(『月の子』第49話・扉)

2007年07月09日
これも大好きなイラストですね。
 
「月の子第49話・扉」を見て思ったんだけれど、
(『WALTZ』ではP58。コミックスでは『月の子』13巻の表紙裏。)
(この絵も、コミックスではわからない、画集の良さがある。)
 
このショナ×セツも、幸せというより、
本当はすごく悲しそうな、切なそうな顔をしてる?
 
女性になりたい限界、みたいな表情のセツ。
めちゃ色っぽい。
彼女(彼?)を、いとおしそうにいだくショナ。
 
ショナの目のにじみは、涙か。
それとも、イラストを書くときの、にじみか。
 
周りに言われちゃったけど「にじみ」だと。
でも、そういうミスを、する方ではない、清水先生は。
 
涙、でしょうね。ショナの。
 
もう、すっごい切なくて。
あのコミックス裏表紙では、良さはわからない。ただキレイなだけとしか。
 

コミックスでは良さがわからない、カラーは多々ある。 
清水先生のカラーイラストの醍醐味は、雑誌扉や表紙か、
画集でしかわからない。
 
 
白泉社公式ページよりの、「S-Book.com」という書店には、
『ARIA』はありませんでしたが、
『WALTZ』『画集・輝夜姫』なら、あります。
書店受け取りで1500円以上買うと、手数料もナシです。
(私は200円くらいなら、代引きでもいいけど。)
 
清水先生のイラストが好きな人。
『WALTZ』『画集輝夜姫』の購入を、考えてみませんか?
 
 
画集『WALTZ』/清水玲子/白泉社
【イラスト】について | Comments(0) | Trackback(0)

ティルトとセツのイラスト(HC『月の子』8巻)

2007年07月08日
私が、清水玲子の本を最初に買ったきっかけが、
花とゆめコミックス版『月の子』8巻の表紙です。
花の中、眠っている二人の双子の少年。
無防備に眠る少年と見守る少年。
(文庫では5巻の表紙になります。)
 
でも、その数年弱年後。画集『WALTZ』を買って、
その真の素晴らしさに、感動しました。
 
このティルト、薄目を開けている?
 
無防備に眠るセツを、こっそり見つめてる?
セツもなんて無防備なんだよー。
シャツはだけて。安心しきってる。
 
秘めた思い。告げられぬ思い。
 
もう、すっごい感動で。
 
大好きです。
 
もう、何十回、何百回と見たはずなのに。
 
ホント、画集『WALTZ』で見て欲しい。
 
ちなみに、『カードギャラリー月の子』の、このイラストを、
いつも財布に入れています。お守りとして。
ぼろぼろですが。
 

『カードギャラリー月の子』もっと買い置きしときゃよかったなぁ。
 
画集未収録で、『カードギャラリー月の子』にしかない、
イラストって、けっこうあったので。
 
 
あ、昨日でカウンターが2000hit超えました。
甘い数え方ですが^^  自分もかなり踏んでますが。
でもうれしかったです。

 
 
画集『WALTZ』/清水玲子/白泉社
『カードギャラリースペシャル「月の子」』/清水玲子/白泉社
 
白泉社文庫版『月の子―MOON CHILD―』 5巻 コミックス紹介。
花とゆめコミックス版『月の子―MOON CHILD―』 8巻 コミックス紹介。
 
 
【イラスト】について | Comments(0) | Trackback(0)

ティルト視点「オレは早くあいつが死ぬことさえ願ってる」(ティルト)

2007年07月07日
しばらく更新を休んでごめんなさい。いろいろ忙しかったので。
 
白泉社文庫版『J&E』『22XX』『パピヨン』『月の子6巻』を、昨日6日、
白泉社ご用達のネット書店「S-Book.com」で注文しました。
いたんでなければ(状態がよければ)いいのだけれど。
今回は注文しませんでしたが、『画集WALTZ』『画集輝夜姫』
もまだ在庫があるようです。
 
あーそうか、今日は七夕ですね。雨っつうかくもりですが。
 
 
では、本題。
 
「たとえきこえていてもあんな奴オレは助けないぞ。
 あいつのためにオレもおまえも卵を生めないんだ。
 オレは早くあいつが死ぬことさえ願ってる」(ティルト)
「ティルト。どうしてきみがそんなにベンジャミンを嫌うのかわからない――
 同じ兄弟なのに。。
 じゃあ、もしベンジャミンじゃなくて僕が一番に女性化していたらどうするの?
 やっぱり憎むの?」(セツ)
 
『月の子―MOON CHILD―』 清水玲子/白泉社
『月の子―MOON CHILD―』 白泉社文庫2巻/花とゆめコミックス3巻
 
 
 
を、「ティルト視点」で語ります。
 
   (以下はネタばれ可という方のみお進みください。)
 
 
Read more "ティルト視点「オレは早くあいつが死ぬことさえ願ってる」(ティルト)"
『月の子─MOON CHILD─』 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。